健全な食生活のために!

ID      PW     
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
穀物
種・栽培用品
ドライフルーツ
オリーブ・ナッツ・シリアル・スナック
ジャム・甘味料・ペースト
カレー・スープ・パスタ
常備食品(その他)
海産物加工品
オイル・調味料
スパイス
ドリンク
お茶
リキッド・ハーバル・エキス(アルコールフリー)
リキッド・ハーバル・エキス(リキュール)
サプリメント(ア〜サ行)
サプリメント(タ〜ワ行)
ビタミン・ミネラル
ローヤルゼリー・プロポリス
化粧品(ダーマe)
スキンケア用品
エッセンシャル・オイル
アロマ関連グッズ
書籍
雑貨
別送品(三分づき米・玄米)
別送品(ハートの寝具)
別送品(古代檜のまな板)
別送品(塩干物)
別送品(毛髪分析)
ビタクラフト鍋(会員専用)
わけあり商品
    03−3841−3064

    メールはこちら
 
 

花粉エキスG63

1日わずか1gとるだけ。
中年からの美と健康と若さを生むミラクル・フードです。
代替テキスト

花粉エキスG63とは

花粉はミラクル・フード

自然界が生んだ、もっとも調和のとれた栄養素のパッケージ。それが花粉です。
花粉には、新しい植物の命を生み出すために必要な栄養素が残らずパックされています。 しかも、その一つ一つが存分に働けるように、絶妙な組み合わせと理想的な配合比率です。
こうした花粉の本当の価値は、従来のプリメントでは活かされていませんでした。 花粉は丈夫なカラで包まれていて、そのまま食べても消化、吸収できないからです。
また、カラの中の成分を化学的に抽出しようとすれば、多くの栄養素が破壊され、美しい調和が崩れてしまいます。

もし、デリケートな自然のバランスそのままに花粉の成分を抽出できたら、 栄養的に夢のような調和がとれた奇跡の食品、ミラクル・フードが得られるはずです。
その夢を現実のものにしたのが、「花粉エキスG63」。
米国オハイオ州にある1224万坪の農地にライ麦とトウモロコシを無農薬で栽培し、人の手を使って花粉を採取。 化学溶媒を一切使わない新技術で成分を抽出した、画期的な花粉サプリメントです。

花粉はアンチエイジング

花粉の成分には水に溶ける水溶性のものと、油に溶ける脂溶性のものがあり、どちらも重要です。
「花粉エキスG63」では水溶性と脂溶性の成分を別々に抽出して、花粉に含まれている比率に合わせて配合しています。
「花粉エキスG63」250mg中には、水溶性の成分が60mg、脂溶性の成分が3mg入っています。
それが商品名の63という数字の由来で、天然花粉の成分比とまったく同じになっているのです。

多種類の成分が含まれているこのミラクル・フードを摂ったときに、成分が全体としてどんな働きをするのでしょう? 第一に驚異的な抗酸化力を発揮することがわかっています。
酸化が老化を早め、ガンの原因を作ることは疑問の余地のないものになっていますから、 「花粉エキスG63」は病気を遠ざけて老化を防ぐアンチエイジング食品だといえます。

突出した活性酸素吸収能力
抗酸化力を測るものさしの一つに、ORAC(活性酸素吸収能)の測定がありますが、
「花粉エキスG63」はその数値が全食品中のトップです。
強力な抗酸化物質として知られるコエンザイムQ10やルテインと比べても、突出した1位です。

花粉は女性を若返らせる!

更年期の方に「花粉エキスG63」を服用してもらった臨床試験では、66パーセントの方のDHEA値が上昇しています。
DHEAは20代でピークになるホルモンで、若さのバロメーターになります。
長寿世界一位だったころの沖縄の女性高齢者には、DHEA値が非常に高かったことが知られています。
「花粉エキスG63」を摂っているとDHEA値が上昇することは、若返っていくこと証しになります。
「花粉エキスG63」は、中年からの女性に若さを取り戻させてくれるミラクル・フードなのです。

中年男性をもっと元気に!

強い抗酸化力と多種類の栄養素を高密度に含んでいることから、肝臓と前立腺には特に、 「花粉エキスG63」が必要と考えられています。
前立腺肥大症と前立腺炎に対しては、すでに治療に使われて効果が医学的に証明されており、 中年からの男性には前立腺の健康維持のためにも摂取がすすめられる食品です。
また、「花粉エキスG63」が肝臓の細胞をアルコールや毒物から守る助けになることが多くの研究から報告されています。
臨床試験では、肝臓機能障害の方の、GOT、GPT,γ−GTPの数値が、「花粉エキスG63」の3カ月から6カ月の服用で、 大幅に改善しています。それは肝臓の細胞のダメージがくい止められて修復された結果だと、研究者は述べています。

ED(勃起障害)への作用も注目されています。
EDの治療のためにクリニックに通院されている方に「花粉エキスG63」を摂っていただき、 国際勃起機能スコアー(IIEF5)への影響を調べたデータが発表されています。
それによりますと一日1.5gの「花粉エキスG63」を1か月間摂取した13人のうち、9名に改善が認められています。
これは、全体の約70%にあたる好成績です。
(グラミネックス社「花粉エキスG63」神田医新クリニックの知見より引用)

花粉がなぜ花粉症によいのか?

アレルギー軽減への期待

欧米ではさまざまな病気の治療に花粉が用いられていますが、その中で花粉症への効果がだんだん注目されてきました。
別の病気を治療する目的で花粉を服用していたのに、いつのまにか花粉症の症状がずっと軽くなった人が多かったからです。
花粉には、アレルギー反応の引き金になる「炎症性サイトカイン」の生成を妨げる栄養素など、 アレルギーに効果のありそうな成分が豊富にふくまれています。
しかし、花粉サプリメントが花粉症を抑えるメカニズムはまだよくわかっていません。

現在有力視されているのは、良質の花粉エキスが花粉症に対する一種の減感作療法になるのではないかという説です。
減感作療法とはアレルギーの治療法の一種で、アレルギー源になる物質を希釈してとるものです。
たとえば、牛乳にアレルギーのある人には、数100倍、数1000倍、あるいはそれ以上にまで薄めた牛乳を注射します。
数100倍に薄めると、牛乳に含まれるアレルギーの原因物質の量も数100分の1になります。
症状を起こさないくらいまで希釈したところからスタートして、すこしずつ濃度を高めていき、牛乳への耐性をつけていく治療法です。
花粉エキスG63の場合、まったく薄めずにとっても、減感作療法と同じように花粉への抵抗力を高められるのではないかと 期待されていて、欧州や日本での臨床試験でもよい成績が出ています。

数ヶ月で効果を実感

なぜ薄めなくても減感作になるのかというと、G63は栄養成分のプロフィールは花粉そのものなのに、 アレルギーを引き起こす物質がまったく含まれていない、特別なエキスだからです。
花粉は硬いカラにつつまれていて、そのカラの表面にオービクル(微粒子)と呼ばれる小さな粒が付着しています。
この粒がアレルギー反応の原因になることがあるのです。
G63では、カラの中の栄養成分だけを自然な方法でとりだしていますから、余計な付着物がカラごと除去されています。
花粉に含まれるタンパク質も、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。
G63では、タンパク質がアミノ酸に分解されたかたちで含まれているので、アレルギー反応はおこしません。
また、花粉のカラの中の成分を抽出する際に化学溶剤を一切使わないので、化学物質にアレルギーのある人でも安心です。

減感作療法は、受けられる病院も少ないし、定期的に通院してエキスを注射してもらう必要があるし、 効果が現れるまでに2〜3年かかることもあるしで、いろいろと大変です。
それに対して、花粉のサプリメントはただ摂取するだけですからお手軽ですし、 臨床試験では1〜3か月で効果が実感できる人も多いようです。
ただ、花粉に期待できるのは、薬品のような即効性ではなく、耐性を高める作用ですから、 花粉が本格的に飛び始める数か月前から摂取しておくのが望ましいでしょう。

体験談

花粉の季節も快適に過ごしています。

私は、長年花粉症に悩まされ、春には、通院・投薬が欠かせませんでした。
特に目のかゆみはひどく、思わずかきむしってしまうほど…
ところが、花粉エキスを試し始めた次の春、例年ならとっくに目や鼻にひどいアレルギー症状が出るはずの頃になっても、 かなり症状は軽かったのです! それ以降、花粉症で病院に駆け込むことはなくなり、以前と比べれば、格段に快適な春を過ごせるようになっています!
(当社女性スタッフSさん)

Copyright © もやし研究会All Rights Reserved.     03−3841−3064
商号名 : 有限会社もやし研究会   代表 : 田口良子
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都台東区駒形2−1−20山本ビル1F