健全な食生活のために!

会員 I D  
パスワード
 
 
 お買上げ合計5000円以上で送料無料(別送品を除く)。会員登録|ログイン|買物かご|ポイント|サポートセンター|
スーパーフード
穀物
種・栽培用品
ドライフルーツ
ナッツ・シリアル・スナック
甘味料・ペースト
カレー・スープ・パスタ
常備食品(その他)
海産物加工品
オイル・調味料
スパイス
ドリンク
お茶
リキッド・ハーバル・エキス(アルコールフリー)
リキッド・ハーバル・エキス(リキュール)
サプリメント(ア〜サ行)
サプリメント(タ〜ワ行)
ビタミン・ミネラル
ローヤルゼリー・プロポリス
スキンケア・ヘアケア用品
エッセンシャル・オイル
アロマ関連グッズ
書籍
雑貨
別送品(三分づき米・玄米)
別送品(古代檜のまな板)
別送品(毛髪分析)
ビタクラフト鍋(会員専用)
わけあり商品
    03−3841−3064

    メールはこちら
 
 
 
 
   サプリメント(タ〜ワ行) > PSコンプレックス(60粒)
 
 
 
前の商品 PSコンプレックス(60粒) 次の商品
 
 
PSコンプレックス(60粒)

 
価格 : 5,142円 (税込)
ポイント : 51
数量
 
 
 
 

PSホスファチジルセリンは、細胞膜を構成しているリン脂質で、脳の健康を守るために非常に大切な栄養素です。

もやし研究会オリジナルサプリ「PSコンプレックス」は、トップブランドのリパミンPSを使用しています。

 

◎1粒にPSが50啼っています。

◎1日2〜4粒を目安に、お召し上がりください。
 

「PSコンプレックス」は、いちょうの葉エキスの「スーパーフラボ60」といっしょに摂ると理想的です。いちょうの葉エキスによって脳細胞への血流が改善され、PSによって脳細胞の細胞膜の状態が改善されるからです。


PSは全身のすべての細胞に存在していますが、最も高濃度に存在しているのは、脳の神経細胞です。神経細胞が十全に機能を果たすためには、それだけ多く細胞膜の中にPSが含まれている必要があるからと、考えられています。
 ですから体は、脳の機能を維持するために
PSを作り出していますが、加齢、ストレス、原料となる栄養素の不足、作り出すのに必要な酵素の不足は、十分な量のPSの産出を不可能にします。
 そうなると脳の機能が衰えて、記憶力の低下、認識力の低下を招き、十分な量の
PSの産出がなされないままならば、脳の機能の低下が進行することになります。
 脳の機能の衰えは、痴呆やアルツハイマーにまで進行していき、アメリカでは85歳以上の人の4人中2人は死亡時にアルツハイマーもしくは他の重い精神障害にかかっているといわれています。ですから、いま最も大切なことは一人一人が脳の健康管理を行うことではないでしょうか。


 では、PSをサプリメントとして補ったらどうなのでしょうか?多数の研究によって、脳の老化の時計が巻き戻されて、脳の機能が若返ることが確かめられています。
 他人の介護を必要としない晩年を迎えるためには、早い段階で脳の老化をくい止めておくことが重要で、そのためのサプリメントとして
PSが注目されています。
 
PSは植物の細胞にも動物の細胞にも含まれていますので、ほとんどの食品に含まれていますが量は少量です。普通の食事によって摂取される量は1日に7080mg以上にはならないと計算されていますが、「PSコンプレックス」2粒中にはPS100mg含まれています。
 これは大豆レシチンから抽出したもので、本質的に毒性がなく自然の食品ということができます。1日に2粒摂れば、食事からのと合わせて
PS170mg180mgくらいは摂取されることになり、健康な人にとっては十分な量のPSが脳細胞に供給されると考えられています。


最近では脳の研究が一気に進んで、大人の脳細胞も活発に成長していることが明らかにされています。「大人の脳を鍛えるグッズ」として大ヒットしたドリル本やゲームソフトも、脳の新しい知見をもとにして開発されたものなのです。
 ただ、脳に刺激を与えることはもちろん大切なのですが、それだけでは足りません。脳細胞をつくったり、修理したりするのに必要な材料を十分にとっていないと、せっかくの刺激もいかせないのです。脳の約6割は脂肪でできていますから、良質の脂肪を十分に補給することが大切になります。
 マッチョになりたい人たちは、ダンベルを持ち上げるだけでなく、プロテインやアミノ酸をせっせと飲んでいるはずです。筋肉を大きくするには、刺激だけでなく、栄養補給も大切なことを知っているのです。脳をパワーアップさせるためにも、「刺激+良質の脂肪」が必要と覚えておいてください。
 サプリメントで補給できる、もっとも良質の脂肪がPSです。「脳によい栄養素」として知られるレシチンの仲間ですが、PSはレシチンよりも楽に脳内に入れるため、PSの方がレシチンよりもワンランク上だと評価されています。
 PSを使った臨床試験も数多く行われていて、アルツハイマー病やパーキンソン病への治療効果や、脳卒中からの回復を助ける効果も注目されています。
 こうした病気がない人でも、物覚えをよくしたり、頭の回転を早くしたり、気分を明るくしたり、ストレスで疲れた神経を休めたりなど、脳の全体的な健康維持の目的で使われています。この面では、高齢者よりも若い人の方が短時間ではっきりした変化がみられやすいようです。
 若いうちからPSをしっかり補給しておくことが、中年期以降の脳の衰えを防ぐために重要なのではないかと考える専門家も増えているのです。


 PSの一般的な摂取量の目安は、1日50100咾任后ただ、初めの1か月は1日300mgくらいとって脳細胞のすみずみまでPSを十分ゆきわたらせ、飽和状態にすることが勧められています。日本で流通しているサプリメントには、PSがわずかな量しか含まれていない商品も多いので、必ずラベルを確認してください。


 また、PSは非常に酸化されやすいので、抗酸化作用のある成分をいっしょに摂ることが大切。PSと組み合わせるのに最適の抗酸化物は、イチョウ葉エキスです。イチョウ葉エキスには脳の血行をよくする働きもあるので、酸素や栄養素が脳のすみずみまでスムーズに供給されやすくなるからです。
 脳が住宅のようなものだとしたら、その建築材料になるのがPS、傷みを防ぐメンテナンスを担当するのがイチョウ葉エキスです。どちらも必要なものですから、できるだけ両方いっしょに摂るのがお勧めです。



使用上のご注意


効果には個人差がございます。 体質・体調に合わない場合がありますのでその場合は、ご使用にならないで下さい。


内容成分


ホスファチジルセリン含有大豆レシチン末、ビタミンE含有植物油、食用油脂、ゼラチン(魚由来)、グリセリン、ミツロウ

(原材料の一部に大豆(遺伝子組換不分別)、ゼラチンを含む)


販売元


有限会社 もやし研究会

 

 
 
 
 
 

Copyright © もやし研究会 オンラインショップ All Rights Reserved.     03−3841−3064
商号名 : 有限会社もやし研究会   代表 : 田口良子
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都台東区駒形2−1−20山本ビル1F